おせち料理の歴史と意味

おせち料理は弥生時代に中国から伝わったと言われています。

漢字では「御節料理」と書き、元々は「節」と呼ばれる季節の変わり目ごとに、神様へのお供え物として作る料理のことを指していたためお正月のものだけではありませんでしたが、江戸時代頃になると年に何回かある節日の中で一番重要なお正月に振る舞う料理のことを「おせち料理」と呼ぶようになりました。

当時のおせち料理の中身は、お供えの意味もあるためその土地で採れたもので作られていましたが、時代の流れと共に暮らしや食文化が豊かになるに連れ、海や山の幸を取り入れた豪華な料理となり、それが現在のおせち料理の原型となっています。

現在ではお正月を祝うという意味に加えて、日頃から家事で忙しい主婦をお正月くらい家事労働から開放する、という意味も併せ持っているため、保存できる食材が中心になったと言われています。

おせち料理はおめでたいことが重なるように、という意味があるため重箱に詰めて供されます。基本的には4段重ねで、各段ごとに意味があるため、それぞれの段ごとに詰める料理のルールがあります。

1段目は一の重と呼び、お酒のおつまみになるような料理を詰め、2段目の二の重は縁起の良い海の幸を中心とした焼き物が入ります。3段目の三の重は山の幸を中心とした煮しめなどの煮物を詰め、4段目には酢の物などを詰めます。なお、4は「死」を連想させて縁起が悪いため「与の重」と呼ぶことが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です