おせちの意味を知って楽しく食べましょう

お正月には欠かせないおせち料理ですが、最近は多種多様な形に変化しています。

有名料理店が出していたり、キャラクターとコラボしたりとおせちの形は年々変化を遂げているのです。コンビニなどでも手軽に注文できる時代になりました。若い世代ではあまり食べないと言う人も多いのではないでしょうか?しかしおせちは古くからの日本の伝統で、一つ一つの料理に意味が込められています。

豪華に見える海老は、ひげが生えて腰が曲がるくらい長生きできるようにと言う意味です。食感が美味しい数の子は、卵の数が多いことから子孫繁栄の象徴です。黒豆はマメに勤勉に働けるようにと言う願いが込められています。栗きんとんは金色に輝く財宝に見立てており、昆布巻きは喜ぶにちなんで縁起物とされているのです。

紅白かまぼこの赤は魔除け・白は清浄の意味があり、紅白なますも水引をかたどっているので幸福を願います。伊達巻はくるりとした形が巻物に似ているので、知識が増えるようにと言う意味です。

どれも見た目から連想できるので覚えやすいでしょう。おせちの重箱も詰める決まりがあるのです。一段目には祝い肴と口取り、二段目は酢の物と焼き物、三段目は煮物を詰めます。

料理の意味や詰め方などは知らない人も多いでしょう。一から手作りする家庭は少なくなっていますが、お正月の縁起物としてぜひ続けて欲しい日本の風習です。込められた願いを思いながら食べることで、きっと清々しい一年を過ごせる気持ちになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です