「おせち料理」について

おせち料理はお正月に食べるお祝いの代表的な料理で、「お節料理」の「節」と「節日」のことを指します。

節日は季節の変わり目にあたる祝日で、元日は節日の中でも格別でおめでたい日であり、料理を重箱に詰めて、正月の間に家族全員で食します。おせち料理の起源は弥生時代と言われており、当時の人々は作物の収穫を季節ごとに神様に感謝して生活の節目につけていました。

自然の恵みや収穫に感謝して神様に供えたものを「節供」、またお供えしたものを料理して大漁や豊作を願い、自然の恵みに感謝して食べた料理を「節供料理」と言いました。この「節供料理」がおせち料理のはじまりです。

おせちは地域によっても献立は異なり、重箱に詰められている料理や素材にはそれぞれに意味を持っています。

「数の子」はニシンの卵で、子宝や子孫繁栄を願う縁起物、「黒豆」は黒色で魔除けの色とされており、一年まめに働きまめに暮らせるようにと邪気を払い無病息災を願うもの、「海老」は腰が曲がっている姿から腰が曲がるまで長生きするようにという長寿のシンボル、「紅白かまぼこ」は半円状の形より初日の出の形に似ていることから使用され、赤色は魔除け、白色は清浄・神聖を表します。

食材一つ一つに縁起の良い意味や願いが込められていて、基本的に日持ちするものが献立の基本となっています。最近では、和風だけではなく、洋風や中華、老舗料亭などの様々なジャンルのものが販売されています。

昔の人々が大事にしてきた伝統や行事の心を忘れることなく、おせち料理を楽しく美味しく食べることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です